日本人デザイナーと海外バイヤー・企業・個人をつないでいます

日本人デザイナーが海外展開するために必要な環境を構築。中小規模ブランドを支援・ビジネス強化。

国際間取引プラットフォーム ジャパン・ファッション

言語やペイメントの問題も解消。個人間取引は手数料不要です。

海外進出

ジャパンファッションは、日本のファッションを海外に配信してきた草分け的なウェブサイト。現在は日本のファッションデザイナーと海外のファッションバイヤーやインディペンデントショップとの橋渡しをしています。(本サイトは本格稼動前のβverとなります)
日本のファッションに興味のある海外バイヤーへの商品提案から、成約後の輸出までワンストップで提供可能としています。また関連ビジネスにおけるコンサルティングも行っております。

B2B/B2C

海外への販促を行っています。
商品説明の翻訳からネゴシエイション、海外バイヤーからの問合せ対応など、全て専属スタッフが代行しますので、英語力やコミュニケーション力は必要ありません。なお、取引完了まで手数料は一切かかりません。全ての国内ブランドにとって、海外取引を身近にしています。費用をかけて海外展示会へ出展したり、当てもない取引先開拓のために海外へ赴いたりする必要もありません。
B2C(個人取引)は手数料不要です。売り手であるデザイナー側と、買い手である海外に住む個人との間に入り、スムーズな商取引を行っています。

安全・確実

JFを利用すれば、契約やインボイスの作成などのフォローアップにより、専門知識を要する面倒な貿易実務や負担は発生しません。また確実な料金の徴収もバックアップ。本サポートを通じてノウハウも共有化でき、将来的にはJFを介さずとも取り引きができるようになります。
「若くて志のあるブランドが独立して堅実に中堅ブランドへと成長していくために、我々にできること―」の回答が、10年以上の歴史を持つジャパン・ファッションを象っています。

About JF

JFの活動について

私たちは2004年から日本のファッションを海外に紹介して参りました。
現在はより実質的な活動として、「海外取引の主要媒体」として活動しています。本プロジェクトはB2Bサービスが主眼ながらも、海外のエンドユーザーとのコミュニケーションを通じて各国の潜在的なファンを掘り起こしていくことを主要なミッションとして掲げ、各ブランドのプレゼンスを高めようとしています。
ユニークなのは、SNSにおけるシェアベースということ。ブランドやデザイナーが自ら配信しているアピール情報を海外の潜在的なファンと共有し、ブランドやデザイナーの知名度を保持していきます。これは海外進出が目標のブランドにとっては最適な機会となっています。

参加は無料

取引のあるバイヤーやその他のコネクションを活かし、バイヤーが興味を持った時点で、デザイナーや企業が発信している情報(ローカライズして提供)プロモーションします。その後、インボイスの作成と正式な契約を行います。海外への卸(B2B)はお取引が成立した場合に限り、輸出代行費として手数料を頂いております。お取引が実現しない限り、費用は発生しません。
一方で顧客からの個別問合せ対応も行っておりますが、これらに一切の代行費用はかかりません。海外のファンとつながるせっかくのチャンスです。私たちにお任せください。

取引について

基本的に掛け金の回収については、JFはオーダー時に50%、発送時に残り50%を基本に下代を回収しています。(テストオーダー時も同様)
決済は日本国内、日本通貨での決済になりますので、通常の国内卸取引と同様に会計処理が可能です。
JFはバイヤー側での救済処置の一環として、発送時には確実な対象品の確認作業を遵守頂いております。発送時に所定のプロセスがございますので、予めご了承願います。

私たちのパートナーショップが
ロサンゼルスの地元紙に掲載されました。



有能なファッションデザイナーが日本には多く埋もれている一方で、
世界では常に個性的なデザイナーを求めています。
小さいブランドや中堅デザイナーが存続していく困難さを、
私たちは幾度も目にしてきました。 JFは可能な限り、多くのチャンスと選択肢を提供して参ります。
私たちと一緒に挑戦していきませんか?